【 シミの消し方 】

お肌について

太陽が恋しくなるような、
厚い雲に覆われた日が続いていますね。

さて、今年の春は”自粛”という、特別な過ごし方をしました。
また、気温が上がるのがゆっくりで、
なかなか衣替えが進まない春でもありました。

来週は暖かくなるようですが、梅雨入りも間近です。
今年は多くの方が、『紫外線慣れ』をしないまま、
一気に夏を迎えそうですね。

そう、今年は特に、シミに注意をして頂きたいですね。

私の経験では、紫外線量が上がってくる3月、4月になると、
多くの方のメラニンが反応しはじめます。
5月、6月ともなれば、明らかに色濃くなる時期です。

そこで今日は、ご自宅でできる、
『シミの消し方』をお伝えして参りますね。

コスメを使わない、企業秘密とも言える、
とっておきの方法です。

それはズバリ、蒸しタオルです。

私がこれまで頂いてきたご相談の中で、
最も多かったお肌悩みは、シミと、くすみです。
つまり、「美白をしたい」というご相談でした。

お陰で、多くの方のシミやくすみと向き合ってきたんですが、
ある時シミ肌さんや、くすみ肌さんには、
共通点があることに気がついたんです。

それは、「お肌が冷たい」ということでした。

お肌が冷たいばかりか、温めても温めても、
すぐに肌温度が下がってしまう。
それだけ、体内が冷えている。
代謝が下がっているという事です。

私のフェイシャルは、その方のお肌の状態に合わせ、
蒸しタオルの温度と絞り加減を調整します。

コスメや手技の効果を、上げるも下げるも、
お肌の温度にかかっているので、
私のフェイシャルにおいて、蒸しタオルの役割はとても大きんです。

だからこそ気づけたんだと思いますが、
そもそもお肌が冷えていては、どんなに高級なコスメも、
美白美容液も、ハッキリ言って効果は出ません。

身体が冷え、お肌が冷え、代謝が下がり、
メラニンが排出できずシミになったのです。
コスメに頼るよりも、まずはお肌を温めることが先です。

毎日のホームケアに蒸しタオルを組み込み、
お肌温度を上げ続けることです。
これまでビクともしなかったシミやくすみでも、
必ず効果が出てきますよ。

では、蒸しタオルの作り方をお伝えを致しますね。

シミ肌さん、くすみ肌さんと。
それから、お肌が冷たい方も、シミ肌予備軍ですので、
ぜひ、お試し頂きたいです。

〈 蒸しタオルの作り方 〉
ー入浴中の場合ー
①シャワーの温度で構いませんので、
十分に濡らし、軽く絞ります。
②お肌にあて、蒸らします。
③冷めたらもう一度①から行い、
お肌の温度が温まるまで、2〜3回繰り返します。
※蒸しタオルは、「温かくて気持ち良いな」
と感じる温度で、十分効果があります。

ー電子レンジで作る場合ー
①タオルを濡らし、軽く絞ります。
②タオルをお皿に乗せ、1分〜1分半ほど温めます。
③タオルの厚みや、電子レンジにより、
温まり方が異なりますので、調整されてください。
※タオルをレンジから取り出す際、火傷には十分、
お気をつけて取り出してください。

まずは1ケ月、続けて頂くことをオススメします。
1日に1回、お肌を温めることを、根気強く続けることが大切です。

また、2〜3ケ月続けたころ、多くの方は停滞期を経験します。
プロの手により勢いを回復させ、
シミだと分からないところまで薄くしていくことができますので、
そんな時は1人で悩まず、お気軽にご相談下さいね。

それではまた^^

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。