【 色で見分ける、ニキビの原因 】

お肌について

梅雨入りが近いのでしょうか。
近頃、雲空が多く見られますね。

さて本日は、
『色で見分ける、ニキビの原因』
についてお話ししていきます。

その前に。
よく、「大人ニキビは、ストレスが原因」、
なんて言われますよね。

ですが実際は、「ストレスニキビ」なんて、ないんです。
ストレスニキビと言われるニキビの、本当の原因。
それは、ストレスによる”過食”です。

私たちは、ストレスを感じると、
甘い、辛い、しょっぱいなどの、
味の濃い食べ物で、違う刺激を得ようとします。

そういった食べ物で、
今抱えているストレスを一時的にでも麻痺させ、
生命を維持する為の、防衛本能が働くのです。

ですが、このような食事では、腸が汚れ、
血液、リンパ、体液が濁ります。
体内がキレイではない事を知らせるサインとして、
ニキビが現れるのです。

私がこれまでのご相談の中で、
最も多く見てきたニキビは、『赤ニキビ』です。

赤ニキビの原因。
それはズバリ、お砂糖の摂りすぎです。

ストレスによる過食で、
身体で処理できる量以上の糖分を、
毎日毎日食べ続けたとします。

特に安価なチョコレートやお菓子に使われている、
白砂糖や三温糖には、癖になる中毒性があるので、
気づけば、ストレスを感じていない時でも欲するようになります。

すると、血液、リンパ、体液の中の糖分量が増え、
体内は余分な糖分でいっぱいになります。

汗や尿での排出では追いつかなくなり、
体液は濁り、ドロドロとし始め、
溜まりに溜まった不要な糖分が、
お肌にボコっとニキビとして現れるのです。

これが、赤ニキビの正体です。

では次に、『薄黄色のニキビ』について。

このニキビの原因は、
脂質の摂りすぎです。

脂質というのは、単に油という事でだけではなく、
動物性の脂質や、乳製品であることが多く、
手軽に食べられるパンや、身体に良いとされる、
ヨーグルト習慣には注意が必要です。

脂質ニキビが出来るメカニズムは、
お砂糖ニキビと同じく、体液が脂質で濁り、
排出が追いつかなくなる事で、ニキビとして現れます。

《どのくらいの摂取量で、ニキビが出来てしまうか》
糖分に関しても、動物性脂質に関しても、
個人差はとても大きいです。
たくさんの摂取で、ニキビになる方もいれば、
どんなに摂取しても、なんの反応もない方もいます。
マーガリンやバターを含んだ食べ物により、
すぐにニキビになる方もいれば、
毎朝のヨーグルト習慣を10年続け、ある日突然、
「稗粒腫」(鼻筋の近くや、目の下、頬などにできる、
脂肪や老廃物の塊)が現れる方もいらっしゃいます。
※ケミカルコスメにより、鈍感肌の可能性もあり、
反応がないことが良いとも言いえません。

《根っこ》
糖分や脂質の摂りすぎにより、
体液が濁って出来るニキビには、
必ず芯があり、根っこがあります。
根っこがある間は、何度でもニキビを繰り返します。
一旦治ったように見える場合でも、
生理前のホルモンの影響や、
ちょっとした食事の乱れにより、
同じ場所にぶり返します。

《菓子パン》
菓子パンには、多くの砂糖やマーガリン、
バターが使われています。

また、日本人の腸は、
小麦粉の中のグルテンの処理があまり得意ではないので、
グルテンのネバネバが、腸に残り、
詰まりや汚れの原因になりやすいのです。
糖分、脂質、グルテンと、
三拍子が揃う菓子パンには、注意が必要です。

《お水》
ニキビは、腸の影響もさることながら、
体液の影響をよく受けます。
体液が透明で、サラサラとスムーズに流れているかどうかは、
素肌の美しさと大きく関わります。
つまり、「何を飲むか」です。
コーヒーや紅茶、緑茶、色や味のついた飲み物は、
どれも、水よりも濁っていますよね。
素肌の美しさの為、透明でサラサラな体液の為、
飲み物は、お水がオススメです。

カフェインやお砂糖には中毒性がある為、
コーヒー好きの方や、日課にしている方には、
突然、全てをお水にするのは、もしかした大変かもしれません。
コーヒーは、朝の一杯だけにする。
コーヒー&緑茶の習慣を、
緑茶はやめて、お水に変えるなど、
ちょっとしたことから改善されてみてはいかがでしょうか。

では、実際にサロンでは、
どのようにニキビケアを行なっているのか。
ホームケアの参考にもなると思いますので、
次回はそんなお話しをして参りますね^^

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。