【優しさと笑顔でいっぱいの日本へ】神様が教えてくれたこと②

心について

こんばんは、
青山一丁目駅より徒歩2分。
オーガニックフェイシャルサロン、
レーヌルームの横山 明日香です。

先日、梅雨が明けたばかりですが、
あっという間にもうお盆。

本来この時期は、どこもお祭りの時期ですが、
今年はほぼ中止、、、残念ですね。

お祭りには、五穀豊穣の願いや、
疫病退散の意味をもつお祭りもあります。

また祭りとは、「間」を吊る。

人と神の「間(あいだ)」を吊り上げ、
神様方に近くという意味合いもありますから、
形を変えてできることはなかったかと、少々悔やまれます。

さて本日も、コロナを目前に神様が教えてくれた、
3つのメッセージについて、お話したいと思います。

優しさと笑顔でいっぱいの日本へ

これは2月末のお話しです。
この日も入浴中でした。

2月は、私自身の棚卸し時間が多く、
自分の内側を掘り下げる機会が多かったんですね。

私にとって、自分の中を探り、探り、探り。
堀り下げ、掘り下げ、掘り下げている思考の状態というのは、
閃きが増えますので、神様にとても繋がりやすい状態にあります。

そんな思考のまま入浴をしていると、ふっと、
「日本中を優しさと笑顔でいっぱいにしなければ」
という気持ちなったんです。

そして、大人たちが疲弊している様子が、
ふーっと浮かんできた瞬間、神様のピピピッが降りてきました。
(電波というか、信号のようなものと言いますか。
頭の中に入ると、感覚的に日本語になり分かるという感じです。)

「日本中を、優しさと笑顔でいっぱいにしてほしい。
すると、日本中のエネルギーが大きく、まぁるくなる」

そう仰られ、
日本列島の上に、まん丸のエネルギーが
浮かんでいる映像を見せて下さいました。

私は内心、
「え?!これ、日本の国旗じゃん!
へぇーーー。日本の国旗って、うまくできてるんだなぁ。」
そんな風に思うほど、まん丸でした笑

日本は、アマテラスからの血筋が天皇家であり、
万世一系、ずっとその血筋が続いているわけです。

つまり、天皇家というのは神々の声を聞くことも、
代々行われてきた大切なお仕事の一つですから、
まぁるく優しいエネルギー体がピピピっと見え、国旗にした。

といっても不思議ではないですね。
(と思うのは私だけでしょうか、、)

話が逸れましたが。

私はなんとなく、
「日本を優しさと笑顔でいっぱいの国にすると、
日本はどうなるんだろう」
と思ったんです。

すると、またピピピッが送られてきて、
「日本を優しさと笑顔でいっぱいにし、
日本中を子供でいーーーっぱいの国にしてほしい」
そう言われたんです。

私は
「なるほど!本当のミッションは、それか!」
と思い、全てが繋がった感覚に鳥肌が立ったんです。

なぜかというと、私は二十歳の頃から、
日本の『少子化問題』が気になって気になって仕方なく、

また、『セックスレス』という問題にも、
大変に興味があったからでした。

なぜ、この2つの問題がこんなにも気になるのか。

理由なんて気にしたこともありませんでしたが、
この時、使命があったから気になっていたんだと、理解できたんです。

20代の頃は、サラリーマンの方々を見ては、

「自分を擦り減らすような、こんな働き方が、
レスの原因になっているのではないか。」

また、OLさん方と話しては、
「現代の女性は、男性脳でいる時間が長すぎる。
しかも、男性脳でいる自分に、女性自身が気づいていない。
伝えなくちゃ!」

そんなことが気になっていました。

正直、こんな壮大なミッション、
どうやって解決できるのか分かりません。
私に何ができるのかも分かりません。

ですが、まずは伝えることにしたんです。
伝えれば、必ずピン!ときて下さる方がいるはずですから^^

さて、本日もスピリチュアル満載でしたが、
楽しんでいただけたでしょうか♪

実はもう1つ!
神様からの大切なメッセージがあるんです。

なんなら、私がもっともお伝えしていかなくてはならないことです。
ぜひ、明日のブログもお読みいただけたら嬉しいです♪

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。