スーパーのお野菜にエネルギーを感じない理由はこれだった!

日常

こんばんは、
横山明日香です。

最近はとにかくお野菜作りに興味しんしんで、
絶賛、畑を探し中です笑

ところで、『F1種』って聞いたことがありますか。

私も最近知ったのですが、なんとお野菜は、
『F1種』『固定種』『伝来種』などと分類されており、

中でも『F1種』とは、遺伝子組み換えなどにより、
お野菜の大きさや色、味、形が揃いやすく、
「消費者に買ってもらえるお野菜」に改良されているんだそうです。

しかもその多くは、種や苗と共に、
農薬、栄養剤などがパックになっているようで、
「種を制す者は世界を制す」とまで言われているんですって。

日本のお野菜の場合、種や苗はほとんど、
海外から輸入した『F1種』なんだそうなので、
『日本』をお客様としている国は大変に儲かるシステムですよね。

また怖いのが、F1種は「一代限りのお野菜」なんだそうで、
育てたお野菜から種を取り、それを植えても、
一代目と同じお野菜は育たないんだそうです。

二代、三代と育てていくことができないので、
来年また、種・苗を買うというビジネスモデルなっているわけです。

命の循環ができないなんて、なんだか違和感しか感じませんが、、

対して、『古定種』『伝来種』は、
古くからの日本のお野菜や、
開国前に諸外国から入ってきた、各国の古定種のお野菜です。

固定種や伝来種は、育てても大きさが揃うとは限りませんし、
全てが同じ味(糖度や辛みなど)になるとは限りません。

恐らく、多くの消費者さんには選んでもらいにくいでしょうし、
「甘くなかった!」などと怒られてしまうのかもしれませんよね。

ですが、育てたお野菜から種をいただき、
またその種を植え、来年も再来年も同じように
お野菜を育てることができる、ごくごく自然な形のお野菜です。

これを聞いて、あなたはどう思いますか。

もしスーパーのお野菜に、
『F1種』、『固定種』などの表記があったら、
あなたはどちらを選びますか?

私はこのことを知ったとき、
私が東京に来てから感じていたお野菜への違和感の正体は、
「これだったんだ!」と確信したんですよね。

見た目は人参。
カロリーも栄養素も、データ上では良品です。

ですが、エネルギーが感じられないんです。
生きたお野菜の、強い『氣』が感じられないんです。

これは決して、流通の時間だけのせいではないと感じています。

そのようなお野菜では、
栄養は取れますが、エネルギーが湧いてきません。

こんなにも大切な情報なのに、
興味を持ち、自ら情報を取りにいかないと知れないんですから、
今の社会構造では、生産者さんと消費者との距離が
遠くなりすぎたのかもしれませんね。

これを知ってしまったからには、
『古定種』『在来種』と呼ばれるお野菜を
自分の手で育ててみたいんですよね。

自給自足分程度にはなりますが、
八王子の「中西ファームさん」に色々と教わりながら、
少しづつ少しづつ、チャレンジしてみようと思っています^^

食べたら元気が湧いてくる生きたお野菜、
頑張って育ててみたいと思います!

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。