「時は命」 命の使い方

心について

こんにちは、
横山明日香です^^

今日は、命のお話しです。

最近、「もったいない」命の使い方に触れることが多く、
つくづく思うところなんです。

「我々には、時間は平等に与えられている」
この言葉はよく聞きますよね。

ですがもう1つ、平等に与えられていること。
それは「死」です。

私たちは誰しも、必ず「死」にますよね。

どんなにお金持ちだろうが、
有名人だろうが、会社員だろうが、商売人だろうが、
「死」からは絶対に逃げられません。

この瞬間も、皆確実に
死に近づいているんです。

さて、少し意地悪な質問かもしれませんが、

あなたは今この瞬間を、命がけで生きているでしょうか。
あなたは命がけで、今のお仕事を行っているでしょうか。

私たちは、意識・無意識に関わらず、
本当はどの瞬間も、命を削って
その時間を過ごしているわけですから、
本当は誰もが、何をするにも「命がけ」です。

命がけの1秒を、命がけの1分を、
積み重ねて生きているわけです。

その1分1秒を、許せない誰かに心奪われ、
時を奪われて生きますか。

居心地の悪い環境に身をおき、
我慢して生きますか。

そんな風に命を使いたいでしょうか。
そんなことをする為に生まれてきたのでしょうか。

あなたの人生は、あなたが主役です。
あなたの人生の舵は、あなたが握るんです。

「誰か」に舵を預けちゃだめです。
誰かの常識、誰かの概念に生きなくいでください。

どんな時間を積んで生きるのか、
本当は皆、もっと自由に選べます。

と言いますか、
選んでください。

時は命です。

あなたの1分1秒を、
あなたの好きな色に彩ってくださいね。

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。