【アンガーマネジメント】怒りの根っこは「欲」 

心について

ごきげんよう、
横山明日香です^^

今日は、「怒り」という感情について
おしゃべりしようと思います。

「怒り」の感情って、正直、
嫌な気持ちになりまから、
できれば味わいたくないですよね。

ですが、このブログを読み終わる頃には、
「怒り」の見え方が変わり、大切なサインだということが
分かっていただけるんじゃないかなと思います。

「怒り」は二次感情

『怒りは二次感情』
このような言葉は聞いたことがあるでしょうか。

最近は、アンガーマネジメントという
言葉が周知されるほど、書籍もたくさん出ていますから、
聞き覚えのある方も多いのではないかと思います。

文字通り、怒りとは2つめの感情です。

怒りのエネルギーはとても強いですからね。
心を乱し、振り回されている間に、
瞬時に1つめの感情は分からなくなります。

ですが、大事なのは1つめの感情。
あなたの本当の気持ちです。

では、1つめの感情はどのようなものなのでしょうか。

一次感情の正体

一次感情を探すには、自分自身に
「どんな欲があったか」
と問いかけて見るのが、
もっとも簡単に見えるのではないかと思います。

「分かって欲しかった」
「気づいて欲しかった」
「認めて欲しかった」
このような「欲」です。

髪を切ったのにパートナーが気づいてくれなかった。

気づいて欲しかった。(欲)

寂しい(一次感情)

怒る(二次感情)

このようなメカニズムです。

一次感情は、内側にいる
「本当のあなた」の気持ちです。

当の本人である、あなた気づいてもらえなかったら、
もう誰にも気づいてもらえず、
癒されることもない感情です。

本当のあなたの気持ちに気づく

繰り返しますが、
本当のあなたの気持ちに気づくには、

「私はどんな『欲』を持っていたか」
「どんな期待をしていたのか」

こんな風に、内側にいる本当の自分に
問いかけ、見に行く必要があります。

これを『内観』といいます。

こうして意識的に見に行かないと、
本当に気づいて欲しいあなたの
「内側の声」は、聞こえてこないのです。

自分より人を優先しがちな方や、
自分の感情を抑えてきた方は、
内なるあなたの声が小さくなってしまって、
尚更聞き取りにくくなっているかもしれません。

さて、ここまでは『アンガーマネジメントの方法』
などでも知られていますから、
「知ってたよ」という方もいらっしゃるでしょう。

ですが今日、知っていただきたいのは
その先にあります。

あなたの中の情報

あんたは、自分が「どんな欲」を持ち、
自分の内側の本当の声(一次感情)も
見つけることができました。

では、その次のステップです☆

さらにその奥を掘り下げます。
(どこまで掘るのー!って感じですね)

そうすると、一次感情の奥に
あなたが持っている「情報」、「概念」にたどり着くんです!

あまり良い例えではないかもしれませんが、
あえて失礼いたします。(陳謝)

例えばニュースなどで、
韓国の方が日本のことを怒っているのを
よく見かけますよね。

あれは、受けてきた教育の中で、
その人の中に「情報」が入っていて、
その情報に触れる出来事をメディアで
見聞きすることで、感情が揺り動かされるのです。

これが「情報」であり、「概念」です。

気づきのための現象

話しを少し進めまして。

ちょっと分かりにくいかもしれませんが、
あなたを怒らせた相手というは、

あなたの中の情報に触れた、
ただの「登場人物」にすぎません。

あなたの中にある、「情報」や「概念」に
気づかせるために、天に動かされただけなんです。

あなたにちゃんと気付いてもらえるくらい、
大きく揺り動かすために
あえて「あの人」を選んだだけなのです。

例えばこう↓です。

天:『あなたの中にある情報、概念。
そのせいで、制限になっているね。
自分を縛りつけていて苦しそうだ、、
手放して欲しいけど、
まだ気づいていないようですね、、

では、登場人物を投入し、
現象化しましょう☆えいっ!』

パートナーと喧嘩になる。
傷つく出来事が起こる。

こうして現象が現れる訳です。

つまり、
「そんな重い荷物、
いつまでも背負わなくて良いんだよ」
という、天からの愛なんですよね。

ですから、内側の情報が棚卸しされるまでは、
登場人物を変えて、何度でも
揺り動かしがやってきます(ひえーっ)

「情報」や「概念」があるために
怒らされただけなのですから、
相手を怒っても、責めても、
悲しいですが意味はないんですよね。

全て選べるんです

自分の中にある情報や概念にたどり着くと、
ほとんどは両親に言われたこと、幼少期の体験、
社会人になって言われたことなどです。

そして、「こんなことのために怒っていたのか、、」

と、拍子抜けするような情報がほとんどです。
正直ちょっと、クスッとしてしまいます。

ここまで分かれば、ゴールは目の前です☆

ずっと持っていたその情報を、
「まだ持っていたいのか」、「もういらないのか」を、
あなたは好きなように選んぶだけです。

こうして地上の法則を理解し、
仕分けができるようになると、
今よりずっと、心も身体も軽くなります。

伸びやかに、軽やかに生きれるようになります。

最後に

できるだけシンプルにと思い、お伝えしましたが、
「怒り」や「感情」のお話しは、
パートナーシップにも繋がるお話しなんですね。

更にもっと奥が深い法則のお話しですので、
うまく文章にできるかどうか、、といった感じですが、
また機会を見てお話したいなと思っています。

それではまた^^

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。