【 コラーゲン肌と、エラスチン肌 ① 】

お肌について

「たるみやすいお肌と、たるみにくいお肌」
「毛穴が目立つお肌と、目立ちにくいお肌」

良いと言われるコスメで、お手入れをしているのに、
ほうれい線が薄くならない。

基本的なお手入れはちゃんとしているのに、
毛穴がしまっていかない…

できればいつまでも、フェイスラインは
シャープでいたいし、
素肌は陶器のような毛穴レス肌でいたい。

女性だったら、誰でもそんな風に思いますよね。

「たるみやすい、たるみにくい」
「毛穴が目立つ、目立ちにくい」

実はこの違い、
” お肌質のある部分に大きな違いがある “って、
ご存知ですか。

そう、決してお手入れ不足や、
良いコスメに出逢えていないからではなく、

『本当のお肌質を知らず、
絶対に抑えた方が良いお手入れのポイントを、
抑えられていないだけ』
なんです。

その違いは何かというと、
「コラーゲンの量」 と 「エラスチンの量」 
なんです。

コラーゲンが多い、「コラーゲン肌」とは、
キメが細かく、指でつまむとプニプニと柔らかい、
女性らしさを感じさせるお肌です。

ですが一方で、お肌は伸びやすく、
たるみやすいというデメリットを持っています。

そのため強いマッサージでは、
あっというまにお肌が伸びてしまうので、
美顔器でグイグイするようなセルフケアはお勧めできません。

10年後のお肌が、のびのびに
なってしまうかもしれないので、
できればプロの手にお任せいただきたいです。

また、エラスチンお多めの「エラスチン肌」の方は、
肌密度がぎゅっと高くお肌が詰まっている分、
やや硬めです。

その分緩みにくいので、
年齢を重ねてもハリのある、
若々しさをキープしやすいお肌です。

ですが一方で、乾燥の自覚を感じにくいのも、
エラスチン肌の特徴です。

乾燥したお肌は、毛穴が目立ちやすもの。

高野豆腐はお豆腐に比べ、ポツポツと穴が目立ちますよね。
あれと同じです。

乾燥の自覚が出にくいので、
気がつけば毛穴が目立っていた!ということも。

「コラーゲン肌」「エラスチン肌」というのは、
基本的に一生変わることはありません。

ですのでそれぞれのタイプに、
お手入れをする上で、一生変わらない、
抑えて欲しい基本のポイントがあるんです。

その、
■ お肌の特性と
■ 絶対に抑えてほしい、基本のお手入れポイント 
については、1つ1つ掘り下げて、お話しをさせていただきますね。

続きはまた明日^^

 

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。