【 コラーゲン肌と、エラスチン肌 ②  】

お肌について

本日は、「コラーゲン肌」のお肌特性と、
3つのお手入れポイント
について、お話しをしていきます^^
では早速、特性から。

〈 特性 〉
コラーゲン繊維は柔らかく、伸縮性があるので、
お肌はお餅のようにプニプニと柔らかく、もっち
りしています。
細胞同士はゆったりと並んでおり、隙間が空き
やすいのも特徴です。

私たちのお肌の中は、『油の粒』『水の粒』が、
ぎっしりと詰まっており、そのお陰で、ハリのある
若々しい素肌に見えるんですが。
細胞の並びにゆとりがある分、上も左右も、空気に
触れる面積が多くなりやすく、潤いの粒が気発し、
乾燥肌になりやすい傾向があります。
また、潤いの粒が減るということは、あんこが少ない
おまんじゅう状態です。
細胞の1つ1つに厚みがなくなり、お肌の見た目は元気が
なく、しょんぼりとハリのない素肌見えてしまいます。

では一体、どんなポイントを抑えたホームケアが
良いのでしょう。
3つに絞って、お伝えします。

1.〈 クレンジングはミルクで、1回 〉
まず、これは本当にとっても大切です。
とにかくコラーゲン肌さんは乾燥しやすいので、つよい
石油系界面活性剤を使ったクレンジング、泡立ち
たっぷりの洗顔を、朝晩お肌に当てるというのは、油と
水の粒を、自ら手離すようなものです。
キレイになるつもりが、返って老化を早めることに。
①「朝はぬるま湯ですすぐだけ。
②夜は、植物由来のミルククレンジングで、優しく汚れ
を落とす。
コラーゲン肌さんは、これで十分です。

2.〈 植物オイルをつける 〉
目指すは、赤ちゃんのようなプリプリお肌です!
あなたも赤ちゃんの頃は、細胞の中の『油の粒』
『水の粒』がパンパンに詰まっていました。
ところがメイクをするようになり、昔からの常識とされて
いた、ダブル洗顔や、泡立ちの良いクレンザー類に
より、お顔を洗う度、潤いの粒が流れ出ていたんです。
更に、お化粧水、乳液、クリームの主成分はお水です。
どんなに基礎コスメを使っても、補えているのは
『水の粒』ばかり。
『油の粒は油で!』自ら積極的に補いに行かないと、
不足していく一方なのです。
コラーゲン肌さんの、ふっくら肌のカギは、オイルに
ありですよ。

3.〈 強く引っ張らない 〉
どんなに肌緩みが気になっても、グイグイと強く引っ張
らないでください。
コラーゲン肌さんのお肌は、はとても繊細です。
皮膚は1度伸びたら戻らないのです。
そうはいっても、「自宅でもリフトアップをやりたい!」
という方には、ツボ押しがお勧めです。
また、お顔でのリフトアップだけに頼らず、頭皮から
引き上げるのも良いですね。

頭皮からのリフトアップ方法は、Youtubeでもお伝え
しています。
ぜひ、参考にされてください。

YouTube:『Reine room チャンネル』
「たるみを引き上げる!ブラッシング術」はこちらです。

「どんなクレンジングが良いか」
「どんな植物オイルが良いか」
お伝えしたいことは他にもありますが、ひとまず
ここまで^^

次回は「エラスチン肌」さんの特性と、お手入れの
ポイントについてです。

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。